指導員からのメッセージ

「個別対応」のベストプログラムを

山内指導員

「個の教育」を考えるに、生徒全員に対して、同じカリキュラム、同じ時間、同じ内容、同じレベルで指導を行うというのは、私自身、疑問を持っておりました。そこで出会ったのが、あけぼの学院の「個別指導」のシステムです。
まず、生徒一人ひとりの学習状況を点検。
その “ 個別カルテ”に基づいて、それぞれの生徒にあった「個」のベストプログラムが作られていくのです。
学習スケジュールは、学校行事や、部活の状況などにあわせて教科・日時・回数など選択が可能。指導の中味においても、定期テスト・高校入試、大学入試の対策はもとより、たとえその生徒が中学3 年生で あっても、教科・内容によっては、中1 の初めにさかのぼって学習することができるのです。
どの生徒も“ 成績をもっと伸ばしたい”と 思っているものです。そんな生徒たちを、私自身も何とかしたいと思っています。このシステムであれば「ムダ・ムリ・ムラ」なく学力をつけることができると 確信しております。
今後も、生徒の成績アップのために「個」の指導を頑張っていきたいと思います。

「共に学ぶ」という姿勢で向かい合う

山田指導員

生徒一人ひとりに対して、とても親身で“ 熱い”指導をする指導陣。その熱い思いが、あけぼの学院を40 年以上継続させ、数多くの卒業生を世に送ることができた“ 証し”だと思います。
生徒の勉強や進路の相談はもちろんのこと、それ以外の相談、例えば学校や友達のことでも快く応じ、適切なアドバイスをし、まるで自分のことのように、生徒とともに一喜一憂する。生徒の気持ち、生徒の将来を一番に考える。そんな指導員がいるからこそ、今こうしてあけぼの学院があると思います。
いつも心がけているのは、あくまでも生徒たちが主人公であって、自分たちはその後押しをするポジションにいるということ。時には注意する声が大きくなったり、本当の気持ちが届かなくて悩まされることもあります。でも、生徒たちが時折り見せる真剣なまなざし、輝いている笑顔はそんな悩みも吹き飛ばします。日々成長するあけぼの学院の中で、自分自身も成長して、ひとりでも多くの生徒に大きな喜びを与えられる“ 熱い” 指導員であり続けたいと思っています。

個別指導体験教室

ページトップへ

トップページ

学力育成コース

学習会&新着情報

教育理念・指導方針

指導員からのメッセージ

アクセス

お問い合わせ・資料請求

採用案内

ブログ